暮らしに+プラス

 ようこそ「わが家」のクリスマスパーティーへ 

もうすぐクリスマスです。街中はにぎやかなクリスマスデコレーションで
彩られていますが、ご自宅のクリスマスの飾り付けはもうできましたか?
どんな飾り付けにしようかなと考えるだけでもワクワク準備段階から
楽しいですよね。でもあまり手の込んだものが苦手だなと感じている人も
多いはず。
そこで、いつもの食卓にひと工夫して素敵なクリスマスを演出してみましょう。

画像

       はじめにテーマカラーを決めイメージに合うように色を足して
       いきます。

       今回、テーブルには白のクロスとシンプルな白の食器を揃え
       ました。テーブルを華やかに彩るセンターピースには、クリス
       マスカラーの赤と緑を取り入れアクセントに。
       キャンドルに火を灯すとぐっとパーティー気分が盛り上がります。

画像


       ケーキスタンドにはキャンドルや針葉樹、まつぼっくりなどの
       自然素材を飾りつけ。

画像

       青リンゴと赤リンゴはコップに入れてアクセントにしています。


画像


画像

       もっとシンプルに飾りつけしたい場合は、長皿にキャンドルと
       シルバーのオーナメントを添えればシックなクリスマステーブル
       の出来上がり。

画像
     
       布ナプキンがない場合は紙ナプキンで代用、折り紙を折るように
       王冠を作れば素敵なおもてなしのアイテムに。

画像

       壁には、スワッグを添えて・・。
       スワッグとは、ドイツ語で「壁飾り」の意味です。リースと一緒で
       クリスマスになじみのある飾りですが、リースより簡単で作りや
       すいのが特徴です。

         作り方 

       ①生木の針葉樹やユーカリ、赤い実のついたローゼルを麻ひもで
        グルグルと束ねます。

       ②まつぼっくりは下の笠部分にワイヤーを巻き束ねた茎の間に差し
        込み巻き付けます。最後の仕上げにリボンを結んだら完成です。

       今回、庭先にあったコノテガシワとコニファーとユーカリ、サンキライ
       を使用したかったのですが、どうしても手に入らなかったので赤い
       実のついたローゼルを使用しています。壁に大きく飾りたかったこ
       ともあり、剪定をせず自然のままで仕上げました。

画像

       折り紙で作るクリスマスツリー。それぞれ大きさの違う紙を用意して
       折り重ねると完成です。手軽な飾りとして楽しむことができますよ。

画像
   
       ケーキスタンドや飾りつけの花瓶がないときなどは、手持ちのお皿を
       重ねるだけでも大丈夫ですよ。
       大きな器の間に小鉢を置き、その上に少し小さめの同じような器を
       重ねています。

画像
     
       ナイフやフォークで食事をするのが苦手な場合は、お箸で楽しむ
       クリスマスも粋な演出ですね。


       暮らしに中にあるものに、ちょっとだけ+プラスしてさりげなくおしゃ
       れに心のこもったおもてなしにゲストの顔が思わずほころぶ、そんな
       クリスマスパーティーはいかがですか?








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック