暮らしに+プラス

 「暮らしを彩る布づかい(1)」 

       手軽にお部屋の模様替えをするのならファブリックが
       おすすめです。ファブリックとは、生地や布地のことで
       色や柄などバリエーション豊かな布を使いお部屋の
       インテリアとして気軽に取り入れることができます。

画像

            シンプルなインテリアのテーブルコーナー。

        飾り方をひと工夫する自由自在な布の使い方

画像

         スカーフ柄のハンカチを使いパネルやフォトフレームに
         飾って、お部屋のアクセントに。
         気分に合わせ使い分けて楽しむことができますよ。

画像

         フォトフレームは、立体的に仕上げてフレームと
         フレームの隙間に小物をプラスするデコレーション。
  
         ハンカチやネックレスなどを合わせてみました。


        小物を揃えてプチ模様替え

画像

         今回スカーフ柄のハンカチがあったこともあり、
         それに合わせるようなエッセンスを散りばめて
         います。

画像

         せっかくなので、緑色の引き出しもマスキングテープ
         でリメイクしてみました。

画像
         
         いろんなマスキングテープの柄があるので雰囲気
         に合わせて楽しめますよ。じつは・・・
         最初は机全体を真っ白に塗装しようかと考えて
         いましたが、これなら簡単にプチリメイクできるので
         手間もお金もかかりませんね。
         
画像

         箱や造花は、100円均一で揃えたものです。箱や
         や本はアンティーク風な素材をダウンロードして紙に
         印刷。せっせっと紙を切って貼って、折ってを繰り返し
         てリメイクしました。

画像

         フォトフレームの写真も思うような素材がなかったので
         こちらもパリ風コラージュを作ってみました。


         ファブリックといっても、わざわざ布地を買いに行くの
         ではなく、お手元にある様々な素材ひとつでお部屋を
         変えることはできると思います。 
         ぜひ、みなさんも楽しんでくださいね! 


         次回は、余り布や洋服を素敵に活用する方法をご紹介
         します。

 
         

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック