ひだまりくらぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 暮らし+プラス

<<   作成日時 : 2016/12/20 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ナチュラル洗剤でやさしいお掃除をしよう」

画像

     前回の「お掃除に役立つ、洗剤の豆知識」でご紹介した重曹や
     セスキ炭酸ソーダ、クエン酸を使い、今年の大掃除をラク技で
     パパっと仕上げましょう。

     まずは、「洗剤の液性」について前回のおさらいです。

     「重曹」「セスキ炭酸ソーダ」は、(液性)→弱アルカリ性で
     皮脂汚れや・油汚れなどの酸性の汚れに効果を発揮します。  

     「クエン酸」は、(液性)→酸性で尿石や水アカ・石けんカスなど
     のアルカリ性の汚れに効果を発揮します。

画像

     [ キッチン編 ]       重曹+セスキ炭酸ソーダ 


     [ コンロやIHのトップコート ]

     トップコートの汚れは、重曹水をスプレーしラップを丸めたもので
     こすります。最後は、布で水拭き・乾拭きの順に仕上げます。

    *トップコートの素材がフッ素加工の場合は、重曹水を使用しない
     でください。


     [ ゴトク・バナーリング・排気口カバー・換気扇 ]

     ビニール袋に40度くらいのお湯を入れ重曹を溶かします。
     (目安:水10Lに対し重曹1カップ)
     取り外した部品を重曹水につけこみ30分〜1時間ぐらいつけ
     置きしたあと、素材を傷めないようにスポンジや細かいところは
     歯ブラシでこすります。汚れを洗い流したあと布で乾拭きします。


     [ レンジフード・換気扇の中 ]

     取り外せないレンジフードや換気扇の中などは、セスキ炭酸ソーダ
     がおすすめ。キッチンペーパーにセスキ水をスプレーし15分くらい
     湿布します。最後は、布で水拭き・乾拭きの順に仕上げます。

    
     [ シンクの汚れ ]

     シンクに重曹粉をふりかけスポンジでこすったあと水で洗い流します。


     ポイント

     重曹もセスキ炭酸ソーダも同じ弱アルカリ性ですが、洗浄力が高い
     のはセスキ炭酸ソーダです。重曹でも落ちない頑固な汚れはセスキ水
     でスプレーしたり、セスキを溶かしたお湯につけ置きすると効果があり
     ます。重曹粉やペーストは、研磨作用があるのでこびりついた汚れを
     落とすのに便利です。
     このように落としたい汚れに応じて、上手に使い分けてください。

画像

     [ お風呂・トイレ編 ]      クエン酸 重曹


     [ お風呂の浴槽 ]

     浴槽はクエン酸水をスプレーし少し置いたあと、スポンジで軽くこすり
     最後に水で洗い流します。


     [ お風呂の鏡・蛇口 ]

     鏡の水アカは、クエン酸でスプレーし、その上からラップを貼り付け湿布
     します。半日ほど置き汚れをスポンジで洗い流し乾拭きします。蛇口は
     キッチンペーパーにクエン酸水をスプレーし湿布します。しばらく置いた
     あとスポンジでこすり最後に水洗いします。


     [ 排水口 ]

     水アカ・石けんカス・皮脂汚れなどが入り交った排水口には、重曹と
     クエン酸で汚れを落とします。まず排水口に詰まった髪の毛などの
     ゴミを取り除き、重曹粉をふりかけた上にクエン酸水をスプレーします。
     中和作用で泡立つのでしばらく放置。その後、歯ブラシなどでこすって
     汚れを洗い流します。


     [ トイレの便器 ]

     トイレは、クエン酸水をスプレーしてブラシで洗い流します。便器のフチ
     についた頑固な汚れは重曹粉とクエン酸水を泡立たせ湿布。
     歯ブラシなどでこすって汚れを洗い流します。


     ポイント

     重曹とクエン酸を組み合わせることで、酸性の汚れにもアルカリ性の
     汚れにも対応し気泡が汚れを浮かし落としやすくします。
     ですが、重曹とクエン酸をまぜることで二酸化炭素が発生しますので
     必ず換気をしながら掃除を行ってください。

画像

     [その他編]        重曹+セスキ炭酸ソーダ   


     [ 消臭・除湿作用 ]

     冷蔵庫や靴箱・クローゼットなどニオイや湿気が気になる場所には、
     容器や小袋に重曹を入れ置きます。


     [ 窓拭き ]

     窓の汚れはセスキ水をスプレーして水拭き・乾拭きして仕上げます。
     スクイジーがあれば窓にそって水切りをしてください。


     [ 拭き掃除 ]

     照明器具のカサやスイッチ・ドアノブ、壁のヤニ汚れなどは雑巾に
     セスキ水を含ませてから拭き取り仕上げに水拭きで仕上げます。



     よく聞くけど使い方をあまり知らない「重曹やセスキ炭酸ソーダ・
     クエン酸」などのナチュラル洗剤。   
     汚れの性質と使う洗剤を知ることで手間をかけずに汚れを落とす
     ことができますので、今年の大掃除にぜひ試してみてはいかがで
     しょうか。
     



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暮らし+プラス ひだまりくらぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる