ひだまりくらぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 暮らしに+プラス

<<   作成日時 : 2016/07/10 15:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「テラリウムの作り方」

画像

       透明なガラス容器などに植物を寄せ植えするテラリウム。
       水やりの頻度も少なく、植物の世話が苦手な人でも簡単に
       育てることができるので大人気ですよね。
       そこでお部屋の中に飾って楽しむテラリウムを作ってみました。

画像

       1.まずは材料を揃えます。

        ○ガラス容器
        ○小石
        ○活性炭
        ○土
        ○根腐れ防止剤
        ○飾り石
        ○スコップ
        ○割り箸
        ○多肉植物

画像

       2.ガラス容器の底に小石を敷きます。

画像

       3.土台となる材料を順番に入れていきます。

       活性炭→根腐れ防止剤→土の順番に入れていきます。
       活性炭や根腐れ防止剤は、容器の下に水抜き用の穴がない
       ことから水はけや根腐れを防ぐために入れます。

画像

       4.好きな多肉植物を選んで植えます。

       人気のある多肉植物は園芸店だけでなく100円ショップの
       ダイソーでも購入できて比較的リーズナブルです。 
       これなら失敗の心配もせずに楽しく挑戦できそうですよね。

画像
   
       ガラス容器の入口が少し狭いので入れる前に植物の配置
       を考えておくと植え付けやすいです。
       植え付ける際は、ポットの土を少し落としてやさしく植物を
       植え付けて下さい。
       最後に隙間を埋めるように飾り石を入れたら完成です。

画像

       5.多肉植物のテラリウムが完成しました。

       あっという間に完成したテラリウムです。植物の隙間には
       かわいい犬の小物を置いてみました。オリジナルの世界を
       ガラス容器の中に表現できるので、いろいろと試してみたく
       なりますね。

画像

       [ エアプランツ ]

       テラリウムは多肉植物だけでなく、エアプランツや苔など
       イメージに合わせて素材を選ぶことができます。
       なかでもエアプランツは、空気中の水分をを吸収して成長
       するので、土に植える必要がなく素材をそのまま置いて
       お部屋のインテリアとしても楽しむことができます。

画像

       1.まずは材料を揃えます。

       ○ガラス容器
       ○ゼオライト(青と白)
       ○貝殻
       ○ビー玉
       ○エアプランツ

画像

       2.材料を順番に入れたら完成です。

       ガラス容器の中に海をイメージして白と青のゼオライトを敷き
       貝殻やビー玉などを配置します。
       最後にお好みのエアプランツを添えたら完成です。

画像

      ワイングラスに、オブジェの宝石とエアプランツを添えて遊んで
      みました。
      お部屋にほんの少し植物があるだけでも、心が癒されますね。


      手間があまりかからないといっても適度な水分補給も必要です
      ので、テラリウムを作ったら植物に合わせて育ててあげて下さいね。


      [ 育てるポイント ]


      @ 多肉植物は日が当たり風通しのよい場所を好みます。
       水やりは、土の表面が乾いてきたら水やりを行いましょう。

      A エアプランツは、空気中の水分を吸収して成長するので、
      定期的に霧吹きで葉全体を湿らせて下さい。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暮らしに+プラス ひだまりくらぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる